DCプラグの対応

ACアダプタの豆知識について

電気市場には、沢山の電源メーカーの汎用品のACアダプタが流通しています。
電圧や電流が間違ったアダプタを使用すると、火災や破損に至った可能性があります。
使用する前、必ず、確認してから使用するのは無難です。

特に、電源本体の基板半田付けているDCケーブルですが、ケーブル上に実装されているDCプラグがあります。
そのプラグは機器側と繋がるビズ部品と言われております。

但し、DCプラグの外郭形状(Lタイプ、ストレートタイプ等)及び内・外径寸法等間違える、基本的には使用出来ません。
よくあることですが、機器側メスジャックの寸法誤差の原因で、事前にオス側DCプラグの寸法誤差が把握しないと、
勘合性の問題も発生し、差し込まないこともあります。
とにかく、十分に確認しましょう。

選択する方法について、以下の内容とご参考願います。

■ 電圧・電流の注意

全て電気機器には、その容量仕様は事前に確認必須です。
通常、何Ⅴ(電圧)何A(電流)機器側表示されいる、或いはケーブル等表示されていると思います。
しっかり、この電圧電流仕様が確認取れた後、その後、DC プラグの形状の寸法等も、良く確認しましょう。
容量の仕様だけに確認取れても、DCケーブルの外郭形状も異なると使えないケースも多いです。

■ プラグの形状

■ 極性の注意

電源プラグ側の極性のプラスとマイナス部分に関して、必ず事前に確認してから電源を選んでください。
万が一、間違えると機器の破損・破壊される可能性があります。
差込口の近くに大体刻印或いは印刷のマークが付いてます。

非常に判りやすく、マークの真ん中の黒い丸が
「+」の印:センタープラス、
「-」の印:センターマイナス、
となります。

ACアダプタの丸いコネクタは、プラグの向き(外側か内側か)でプラスとマイナスになります。
間違えないように差し込みに気を付けましょう。

 DCプラグ解析図面